コラムNo.3:メールの情報漏えい発生源にしないナレッジ3か条

~knowledge~

3つの情報漏えい対策の手段を説明します。

1.たったひとつの情報漏えいが多大な損害になり得る

~damage~

ウィルス感染などにより、パソコンが使えなくなったり、データが盗まれたり被害報告が頻繁に聞きます。そんな中、一番多い情報漏えいは、メール操作からと報告されています。

情報漏えいが発生すると、調査し公表しなければなりません。たった一つのメールの操作ミスにより、企業の信頼低下と損害の賠償をしなければなりません。

2.情報漏えいに対策サービスなどの導入を考える

~service~

情報漏えいが起きる原因のひとつに、従業員がメールを送る相手を間違えて第三者に機密情報を誤送信してしまうことがあります。情報セキュリティの中でこうした企業の従業員が誤ってしまうケースは、たびたびニュースで報告されます。企業は大変な責任を負うことになるでしょう。

3.未然に予防する策を考えることが必要

~necessity~

メールの誤送信対策として、従業員の良しあしによらず一元的に対策することが重要になります。企業はTRIHIKO_AJを導入するだけで、全ての従業員を安全に守ることができます。

Ready To Get Started?

TRIHIKO_AJ NEWS

TRIHIKO_AJ NEWS

TRIHIKO_AJ NEWSを購読すると、最新情報をいち早く得ることが出来ます。

You have Successfully Subscribed!